坐骨神経痛

  • 長時間の座位でお尻に痛みを感じる
  • 腰だけでなく足に痛み、しびれがある
  • 立っていると足がしびれてくる
  • 前屈をすると足に痛み、しびれがある
  • 安静時でもお尻から足に重く鈍い感じがある

船橋市 お尻から足にかけての痛み、しびれで悩んでいませんか?

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)とは?

坐骨神経とは、人の身体のなかで最も太いとされる腰から足にかけて伸びている神経です。

 

この坐骨神経がさまざまな原因によって圧迫されて痛みやしびれなどの症状がでる状態を坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)といいます。

 

坐骨神経痛は疾患ではなく、症状です。様々な疾患から引き起こします。しかし代表的なものはある程度、限定されてきます。

主な疾患
腰椎椎間板ヘルニア
・腰椎すべり症
・脊柱管狭窄症
梨状筋症候群

 

これが主な坐骨神経痛を起こす疾患になります。細かく言うとさらに多岐にわたり、様々な疾患があります。

 

坐骨神経痛の特徴

針で刺したような鋭い痛みを感じるのが坐骨神経痛の特徴です。大きな負担がかかっている筋肉や組織は徐々に硬くなり、腰と股関節をつないでいる筋肉が引っ張られた状態になり痛みやしびれの症状が現れます。

 

はじめは、腰に痛みを感じるようになり、徐々におしりや太もも・脚のすね・足先まで症状が現れます。

 

 

中高年の方に多く見られる坐骨神経痛は、症状が悪化すると不眠や食欲不振など日常生活に支障をきたす恐れがあります。

 

痛みが軽いからと症状を放ってしまうと重症化してしまい、長引く原因となってしまいます。

 

坐骨神経痛の主な症状

坐骨神経痛は2つの分類に分けられます。からくる坐骨神経痛を椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症を主にいいます。お尻からくる坐骨神経痛は梨状筋症候群です。

 

腰からの師疾患の場合、はじめは腰の周りに痛みを感じ、徐々におしりや太もも・脚にかけて痛みしびれ張り冷え締めつけといった症状が現れます。

 

椅子から立とうとした瞬間に腰の一部分に強く痛みを感じることもあれば、お尻や太ももまで全体的に痛みやしびれを感じる場合もあります。

 

お尻からの坐骨神経痛は腰に痛みを伴わずお尻から足の症状のみ見ることが多いです。

 

坐骨神経痛の症状を繰り返すうちに、
「夜中に腰やおしり・太ももにズキズキとした痛みが走って眠れない」
「痛みがあって一人で満足に歩けない…」
「長時間立っているのがつらい…」

 

といった状態に発展する恐れもあります。

 

坐骨神経痛の症状は、病院や整形外科医院でレントゲンやMRIを受けても異常なしと言われて、痛み止めや湿布を出されるだけで終わりということも珍しくありません。

 

腰の痛みで歩くのがつらい、痛いやしびれで夜も眠れないなど、坐骨神経痛の症状に悩まれている患者様にお越し頂いております。
必ず、痛みには原因があります。そこを問診と検査、評価して見つけ出していきます。

坐骨神経痛の原因について

▶坐骨神経痛になりやすい人の特徴

坐骨神経痛の痛みやしびれは坐骨神経が圧迫されることで起こります

坐骨神経が圧迫される原因はさまざまですが、坐骨神経痛の患者さんの多くは以下のような動作を繰り返し行っている傾向があります。

 

同じ姿勢を長時間続ける
座っているときに常に片方の足を組んでいる
・長時間あぐらをかいて座る
・片方の脚に体重をかけて立つ
・座っている時に足が広がっている
猫背あるいは姿勢が悪い

 

このような動作を何度も繰り返し行うと、身体のバランスが崩れてしまいます。すると、腰や臀部の筋肉に大きな負担がかかり、筋肉の緊張が強くなって硬くなります。

硬くなった筋肉は坐骨神経を圧迫して、腰やおしり、脚に痛みやしびれの症状を引き起こします。

 

▶坐骨神経痛を引き起こす腰椎疾患

さまざまな原因によって起こる坐骨神経痛は、「腰椎疾患」の症状を抱えている人がなりやすいと言われています。

 

10代から40代までの若い世代に多い腰椎疾患に、「腰椎椎間板ヘルニア」あります。あぐら座りや横座り・猫背・姿勢の悪さなどを長時間行うと腰への負担が大きくなり、椎間板がつぶれて飛び出しやすくなります。

飛び出した椎間板は、腰椎にある神経を圧迫して坐骨神経痛の症状が起こります。

 

50歳以上の中高年や高齢の方に多い腰椎疾患が、「腰部脊柱管狭窄」です。加齢により腰部の脊柱管が狭くなることで、神経根が圧迫されて下半身に痛みやしびれを感じる坐骨神経痛を引き起こします。

 

この2つの疾患が腰からくる坐骨神経痛としては多くみられます。

 

坐骨神経痛の予防法と対処法

坐骨神経痛を引き起こす原因はいくつもありますが、腰やおしり・太もも、足先にかけて起こる痛みやしびれの症状を甘く見てはいけません。

 

症状が軽いうちは「そのうち治るだろう」と考えてしまいがちですが、症状が悪化すれば「長時間立っているのがつらい」、「腰が痛くなって歩けない」、「眠っていても痛い」など日常生活に大きな支障をきたす恐れがあるためです。

 

このような自体を防ぐためにも、今の痛みをとるだけでなく、痛みの原因をしっかりと見極める。そして生活習慣を見直すことで安定して坐骨神経痛を予防・改善につなげていくことができます。

 

▶正しい姿勢を保ちましょう!

坐骨神経痛になりやすい人は、姿勢が悪いといった共通点があります。

足を組んで座る・長時間あぐらで座る・横座りする・片方の脚に体重をかけて立つ・猫背など、普段から姿勢の悪さを自覚している人や、周りから姿勢の悪さを指摘されている人は「正しい姿勢を意識する」ことが大切です。

 

例えば、仕事で長時間デスクワークをすることが多い人は、足を組まずに両足を地面につけて体重が左右のお尻に均等にのっかるように座り、前かがみにならないように気をつけましょう。

 

▶体重の増加に注意!

加齢により筋力が落ちているときに体重が増加すると、腰に大きな負担がかかります。

 

腰に痛みや違和感がある方は、体重の増加が原因で腰に負担をかけている可能性があるため、普段の食事に注意しながら、続けてられる適度の運動を定期的に行うことが大切です。

 

▶ゆっくりと無理のないストレッチをしましょう!

運動不足の方身体が硬いと感じている方は、筋肉のこわばりが原因で坐骨神経痛の症状を引き起こしている可能性があります。

 

突然、腰に激痛が走ったときや患部に熱を感じる急性期には、無理をせずに安静にすることが大切ですが、症状が落ち着いてきたら無理のない範囲でストレッチを行い、硬くなった筋肉を緩めてあげましょう。

 

お風呂上がりなどは血行がよくなっているので、ゆっくりとストレッチをすると筋肉がほぐれて腰への負担を軽減できます。

船橋市で坐骨神経痛の痛みでお悩みの方、ご相談ください!

慢性的に続く坐骨神経痛の痛みを抱えていて、もう良くなることはない・・・と諦めかけている方も、つらい症状をガマンしないでください!

 

当院では、さまざまな要因により引き起こされる坐骨神経痛の原因を、丁寧な検査と評価、カウンセリングで見つけ出し、お客様一人ひとりのお身体の状態に合わせた施術方針をわかりやすく、ご説明いたします。

 

坐骨神経痛へのアプローチは、ダイレクトストレッチという独自の手法によって筋肉の緊張をほぐし、神経促進を施します

 

姿勢の悪さが原因で筋肉が硬くなり、神経を圧迫している可能性があるため、手技の他に骨盤矯正を行うこともあります。

 

骨盤矯正により骨盤のズレを整えると血行や神経の流れが改善され、坐骨神経への圧迫を軽減させて痛みが緩和します。

 

坐骨神経痛を改善できる5つの要因
筋肉を緩める

のほぼすべては筋肉の緊張から生まれます。腰と股関節に負担をかける筋肉はお尻の大殿筋、中殿筋から股関節に繋がる大腰筋と腸骨筋などある程度、決まった筋肉になります。

 

他にも様々ありますが、それらをみつけ、緩めることにより痛みの改善を図っていきます。

 

骨盤の歪みや姿勢を改善

筋肉を緩めるだけでは痛みは元に戻っています。筋肉が緊張する原因の一つに姿勢や骨盤の位置関係があります。これを改善することにより、安定した体へと導きます。

 

専門のストレッチやケアの方法

痛みが減った後も安定されるために専門のストレッチケアが必要になります。それをしっかりと行うことにより、痛みが安定していい状態のお身体を維持ができます。

 

日常生活で歪みが出る動作の改善

痛みが出るのはその方の日常生活での体の使い方と体の機能が合っていません。体の歪みを作る動作、負担のかかる動作を改善することにより、体の歪みや負担の軽減に繋がります。

 

筋出力と筋力強化

筋肉をうまく使い、安定するためには普段使えていない筋肉の出力を強化する方法と単純に身体を支えるための筋力をUPする方法の2つあります。

 

この2つの改善により、腰痛や坐骨神経痛などの体の不調が安定します。

 

上記の5点により、痛みだけでなく、安定して過ごすためには大事な方法になります。痛みをとるだけでは本当の治療とは言えません。

 

その後のことも考えて、安定した体にしていくと不安や悩みなく、過ごすことができます。

 

坐骨神経痛の症状を悪化させない、再発させないために、日常生活の過ごし方アドバイス自宅で出来るストレッチやトレーニングなどもわかりやすくご説明します。

 

スタッフ一同、お客様の症状の早期改善を全力でサポートさせていただきますので、なかなか良くならずにお悩みの際は、ぜひ当院までご相談ください!

船橋市西船はりきゅう接骨院 お客様の症例

船橋市西船はりきゅう接骨院 患者様の声

お問合せ・ご相談はこちら

西船はりきゅう接骨院。西船橋駅徒歩1分!047-435-0202
TOPへ戻る