肩こりだと思っているそれ、「胸郭出口症候群」かもしれません。

こんにちは!
西船はりきゅう接骨院の川村です!

 

今回は
首のイタみや肩や腕の痺れを引き起こす

 

胸郭出口症候群についてです。

 

概要

 

この胸郭出口症候群は

 

なで肩の女性

首肩周りを鍛えすぎてしまった男性

になりやすいと言われていますが

 

実際には

デスクワークなどの仕事や日常生活で

姿勢不良が起き首肩周りの筋肉が緊張

なってしまうケースが多いです。

 

厄介なのが

ただの肩こりだと思って放っておいて

症状が悪化してしまう事が多いのです。

 

原因

 

胸郭出口付近には
物理的に神経や血管を圧迫しやすい場所が
3カ所ほどあります。

 

・首の筋肉の隙間(斜角筋部)

・鎖骨と肋骨の隙間

・胸の筋肉(小胸筋)と肩甲骨の間

 

これらの場所が原因で出た症状をそれぞれ

 

斜角筋症候群

肋鎖症候群

過外転症候群

 

と呼び、

その総称を胸郭出口症候群と言います。

 

3つの呼び名がありますが

いずれもほとんどの場合

姿勢不良により筋が血管神経を圧迫する事が原因で起こります。

 

 

症状

 

チクチクとしたイタみや痺れがでます。

 

またこの神経症状は

握力の低下

指先が不器用になる巧緻性の低下

などもみられます。

 

また血管圧迫による循環障害として

皮膚が異常に白くなったり

青紫になったりします。

 

 

ではどうすれば良くなるのか。

 

当院では

長年積み重ねてしまった悪い姿勢を

全身にアプローチし改善をしていく

「猫背矯正」

 

筋膜の繋がりを利用し

原因となる筋肉を緩めていく手技などで

アプローチしていきます。

 

ぜひこの様なお悩みをお持ちでしたら

一度我々西船はりきゅう接骨院にご相談ください!

投稿日:2020/03/03

お問合せ・ご相談はこちら

西船はりきゅう接骨院。西船橋駅徒歩1分!047-435-0202
TOPへ戻る

..

  • 最近の投稿

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

    LINE特典LINE追加はこちらから

    クチコミを見る