膝の外側が痛い!!これって腸脛靱帯炎!?

皆さんこんにちは
西船はりきゅう接骨院の相野です。

 

 

今は自粛解除がされましたが、以前まではコロナウイルスの影響で自粛していた方もたくさんいたかと思います。

そんな中、街中をランニングをする人を大勢見かけました。
お出かけができないなら散歩やランニング。皆さん健康に気遣っていたかと思います。

 

 

今日はランニングなどで生じる膝の障害
『腸脛靭帯炎』についてです。

 

腸脛靭帯炎とは

 

久しぶりに走ったり、走りすぎて膝の外側が痛い!といった経験はありませんか?

長距離を走った後に痛みが生じます。

進行すると膝の屈伸に伴い、さらに進行すると階段昇降にも影響が出ることもあります。

 

これは腸脛靭帯が大腿外側上顆の骨隆起の上を移動するため摩擦をくり返し、腸脛靭帯に局所的な炎症を起こして膝の外側に痛みが発生します。

 

 

それが腸脛靭帯炎です。ランナー膝とも言われます。
使い過ぎ(オーバーユース)症候群のひとつです。

 

 

治療内容

 

オーバーユースのため、ランニングは一旦休止し保存療法が原則です。

 

ですが、腸脛靭帯炎の原因として股関節の柔軟性が欠けていることや股関節と膝との連動がうまくいかず痛みを伴う方も多くいます。

 

腸脛靭帯は大腿筋膜張筋、殿筋と連続しているため、腸脛靭帯のストレッチはもちろん、股関節周辺のストレッチをすると効果的です。

 

当院では殿筋群、大腰筋、腸腰筋等を治療ポイントとしダイレクトにストレッチしていきます。

緩めることで股関節の柔軟性UPし、可動域の改善が見られます。

ストレッチやトレーニング等も簡単なものからお伝えしていきます。

 

 

動画の配信もしているのでストレッチやトレーニング方法が知りたい方はお気軽にお声掛けください!!

 

 

 

まずはこのような症状でお悩みでしたら一度当院の治療を受けてみてはいかがでしょうか?

生活背景からどんな原因があげられるか一緒に考え患者様に合った治療をご提案致します!!

 

 

 

これからの季節、もっと気温が上がることが予想されます。

マスクを着用しての生活で辛いですが水分をこまめに取り熱中症には気をつけて過ごしましょう!

コロナに負けず予防しながら夏を乗り越えましょう!!

 

投稿日:2020/06/26

お問合せ・ご相談はこちら

西船はりきゅう接骨院。西船橋駅徒歩1分!047-435-0202
TOPへ戻る

..

  • 最近の投稿

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

    LINE特典LINE追加はこちらから

    クチコミを見る